体験レビュー 初心者

(ヒルトン大阪宿泊記)エグゼクティブラウンジ、朝食、イブニングカクテル、プールの解説

2021年4月14日

家族5人で「ヒルトン大阪」 に宿泊してきました。

この記事では、ホテルのエグゼクティブラウンジや朝食やカクテルタイム、プールを利用して、堪能できましたので、その体験をレポートしたいと思います。

ホテル予約

今回の宿は、「ヒルトン大阪」です。

我が家は、「ヒルトンバケーションズクラブ」の会員ですが、海外で使いたかったポイント利用の今年度の予定が立たず、国内の「ヒルトン大阪」で利用しました。

利用した部屋のグレードは、「キングエグゼクティブ2部屋を2泊です。

バケーションズクラブのポイント 5600×2=11200p でした。

ですので、部屋代は0円 です。

下の画像は、ポイント利用の画像です。

では、実際、現金で支払うとどれくらいの価格なのかを検索をしてみました。

1部屋1泊30059円からと表示されています。

ということで、 30059×4=120236円 以上の宿泊代が無料になったということです。

正確には、ポイント交換時に事務手数料を2万円ほど取られたので、10万円引きというところです。

ホテルの外観とエントランスの様子

トップの写真とは反対側からの外観はこんな様子です。

1階のロビーは下の写真のようなかんじです。

ホテルのあちらこちらに下のような表示がされています。

清潔感と安心感を非常に感じました。

キングエグゼティブルームの様子

部屋は34階でした。

コロナ対策のマーク!

部屋の中はこんな感じでした。

キングベッド

ベッドはキングサイズです。2部屋に2泊です。

ミニバー

こちらのミネラルウォーター2本は、ヒルトン会員には無料で利用できます。

冷蔵庫

浴室

アメニティ

部屋からの景色

大阪では、超1等地、「丸ビル」がとなり見えます。

綺麗な景色を楽しみたい人には、少し違うかな?といったかんじかなと思いました。

エグゼブティブラウンジ

到着は、夜8:00過ぎで、3階の「エグゼクティブラウンジ」 での受付です。

こちらが入口です。

受付の様子はこんな感じです。

受付時にこんな注意事項の説明を受けます。

ラウンジ全体の様子

到着初日は、カクテルタイムが終わっていましたが、2日目に利用したのが次のような様子です。

カクテルタイム:17:30~19:30

これらも全部、無料です。

お肉類

サイドメニュー

フルーツ

お酒

チーズとシャンパンです。 ブルーチーズかなりおいしかったです。

ソフトドリンク

抹茶がとても美味しく、思わず写真を撮ることにしました。

超おススメです。

朝食

朝食は、2階のレストラン「フォルク キッチン」のビュッフェで、無料です。

多数の外国人宿泊客が、見られました。

パン・ご飯

パンケーキは、子どもたちもお気に入りでした。

和食では、この他「お味噌汁」もありました。

お肉類など

オムレツは目の前で作ってくれます。

フレークは、乳児の息子にはのお気に入りでした。

フルーツ

カットフルーツ。このほかにも生のバナナやリンゴ、オレンジ がありました

飲み物

朝食は、通常3800円/大人1人、子ども2800円/6~12歳 でした。

我が家は、大人2名、子供2名、3歳児の5名で利用したので、2泊で26400円分を無料でいただきました。

ごちそうさまでした!

平日は、エグゼクティブラウンジがクローズになっているため、その代替えとしてこちらを利用できるようです。

超お得です!!

時間の許す方は、平日に利用することもおすすめです。期限は5月16日まで。

フィットネス

受付

一見わかりずらかったですが、こちら「フィットネス」の入口で、ルームキーで入ることが出来ます。

プール

こちらのプールの利用ももちろん無料です。

最終日は、レイトチェックアウトできるとのことだったので、午前中に子どもたちと利用しました。

コロナのせいか、我が家以外誰も利用していませんでした。

そのため、全く心配がありませんでした。

ジム

こちらのトレーニング器具の利用者は、ほぼ外国人でした。

フィットネスのラウンジ

トレーニング後、ゆっくりすることが出来ます。

有料ですが、飲み物も利用できます。

この他、「お風呂」や「サウナ」も利用できます。

アクセス

「ヒルトン大阪」は、JR大阪すぐの場所にあります。

ですので、電車で空港からホテルまでが所要時間30分弱、430円/大人1人 です。

乗り換えが、1回あります。

電車が面倒な人は、空港からホテル前まで、630円/大人1人の有料リムジンバスが運行しています。

リムジンバスはかなり便利ですよ。

大阪観光

大阪最終日は、南(心斎橋~難波)を散策しました。

午前中、ホテルのプールで泳いだ後だったので、早くからお腹がすいたということで、リクエストが「ラーメン」と「お好み焼き」と「たこ焼き」でした。

昼食は二手に分かれていただきました。

ラーメンは南に5店舗を構える「金龍ラーメン」です。

家族は、初めて見るこの看板、お店の雰囲気に驚きながら、1杯600円という安さに驚き、更にその美味しさにもビックリのようでした。

癖のない豚骨ラーメンです。

味は女性うけする味です。店構えは、女性うけしませんが・・・

お好み焼きは、全国展開している「千房」でいただきました。

知っている人も多いと思うので、説明は割愛します。

最後「たこ焼き」は食後のデザートとして食べました。

心斎橋周辺の有名どころのたこ焼きは、8個入り/1船900~1000円くらいでしたが、高すぎます。

8個入/1船500円のたこ焼きを吉本の「NGK」劇場の近くで発見し、購入しました。

無名ですが、美味でした!

まとめ

こんなかんじで、2泊3日の大阪旅行で、「ヒルトン大阪」を利用しました。

かかった費用はかなり格安です。

内訳はこんな感じです。

項目 正規の価格 使った費用
飛行機代 134000円 0円
ホテル宿泊代 最低120236円 21384円
ホテルでの食事代(朝食2回) 26400円 0円
ホテルのカクテルタイム食事(1回) 9000円 0円
電車賃 3724円 3724円
リムジンバス代 3260円 3260円
大阪散策時食事代 2900円 2900円
その他 9200円 9200円
合計 308720円 40468円

※カクテルタイム料金は3000円/大人1人、1500円/子ども1人で計算しています

つまり、308720ー40468=26万8252円分 

をマイルやポイントを使って無料にしました。

なかなかお得にできた方だと思っています。

こんな嘘のようなホントの話ですが、日々の生活で工夫をすれば、実は誰にでもできることなんです。

例えば家族4人で、国内旅行なら年に1回海外旅行なら2年に1回か行先によっては年に1回、旅行に格安で行けてしまいます。

そんなマイルを貯める方法を別記事でまとめてありますので、興味のある方は下の記事を読んでみてください。

ANAマイルを貯めてお得に家族旅行に行く陸マイラーの始め方ブログ【2024年版】

「毎年海外旅行に行くには仕事上難しいけど、2年に1回ならなんとか行ける」 「国内旅行なら年1回は、行きたい。」 そういったあなたに、私のマイルの貯め方を、同じように実践してもらえれば、誰でも無理なくお ...

続きを見る

 

また、ヒルトンホテルグループにお得に宿泊するには、「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレスカード」がオススメです。

このカードを持つだけで

  • ゴールドステータス会員
  • 条件クリアで、翌年中の週末に1泊2名無料宿泊
  • 宿泊すると毎朝食無料

を獲得することが出来ます。

また、無料宿泊は、ヒルトンホテルのグレードを問わずに利用できるので、よりハイグレードな「コンラッド」なども無料宿泊利用できるのは、非常に嬉しい特典です。

また、ヒルトンホテルをお得に使いたい方は、別記事にまとめましたので、下の画像をクリックして読んでみてください。

6月105000p ヒルトンアメックスのお得な入会キャンペーンを解説!ポイントサイトも比較検証

(アフィリエイト広告を利用しています) この記事では、「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレスカード」(=ヒルトンアメックス)のキャンペーン(最大105000p)の詳細を解説していきます。 また ...

続きを見る

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

マイルの仮面

家族5人海外旅行を楽しむため、毎年30万マイル貯める方法について情報発信中! ※詳細はMENUの「私について」でどうぞ!

-体験レビュー, 初心者

© 2024 マイルの仮面〜マイルで家族旅行に行く方法〜 Powered by AFFINGER5