クレジットカード 初心者 ANAマイル

ANAマイルの交換ルート攻略法!必須カードのお得な作り方を解説【2024年版・初心者向け】

2020年10月17日

この記事では、ポイ活で貯めた各種ポイントを、どのように交換していけば効率良く「ANAマイル」に交換していくことができるのか?について解説していきたいと思います。

ポイ活を始めたばかりで、ポイントの種類が多すぎて何が何だか分からないそんな思いになっている人がたくさんいるのではないでしょうか?

確かに100以上のポイントサイトが存在し、それに加え「基本ポイント」と呼ばれる

  • 楽天ポイント
  • Vポイント
  • ポンタポイント
  • dポイント

4大ポイントに加え、「nanacoポイント」、「WAONポイント」などがあります。

それぞれのポイントをマイルに交換する場合、得意・不得意があります。

つまり、

  • 「ANAマイル」にできるのか?
  • 「JALマイル」にできるのか?
  • どちらのマイルにも交換可能かのか?
  • いや、マイルには交換出来ないのか?

それらを把握しておくことで効率的マイルを貯めていくことができるようになりますので、

是非、その全容について把握しておきましょう!

各種ポイントの相関関係

では早速ですが、各種ポイントを「ANAマイル」と「JALマイル」に交換していくための相関関係を上の図のように作成してみました。

2024年4月22日に「Tポイント」と「Vポイント」が統合され、新生「Vポイント」が誕生しました。

新生「Vポイント」はかつての「Tポイント」の交換先をほぼそのままに、旧「Vポイント」の交換先も追加された形となっており、

新生「Vポイント」の重要性は以前にもまして高くなりました。

交換ルートの解説

この新生「Vポイント」には各種ポイントサイトのポイントから直接交換することも可能ですが、交換手数料を取られることがります。

そこで、交換することで手数料を取られない交換ルートとして、「ドットマネー」経由で新生「Vポイント」とするルートを表現しています。

つぎに、新生「Vポイント」から「ANAマイル」に交換していくルートとして、3つのルートが存在しています。

交換率が50%、60%、70%の3ルートです。

ここからそれぞれ3つのルートについて解説していきたいと思います。

50%ルート

まず、最初に50%のものですが、これは旧「Tポイント」を直接「ANAマイル」に交換する時の交換ルートが存在していたその形を継承するものとなっています。

この交換方法は、新生「Vポイント」アプリをタップし開き、下の赤く囲ってある「使う」うをタップします。

 

つぎに、画面の上に出てくる「ポイント交換」をタップします。

 

すると、「ANAマイル」と「JRキューポ」と「WAONPOINT」の3つの交換先が出てきます。

ここで、「ANAマイル」を選択する。

 

すると、交換率50%として交換出来ることになります。

正直、このルートで交換するのはやってはいけない方法ではないかと思います

60%ルート

つぎに、交換率60%のルートについてです。

旧「Vポイント」は、ANAカードを持っていない人の場合、先ほどの50%の交換率となっていましますが、

ANAカードを所持していると、ポイントサイトなどで貯めたポイントをANAマイルに交換すると交換率60%で交換することができます。

この部分を継承する形として、三井住友カードの「Vpass」アプリからANAマイルに交換しようとすると60%で交換することが可能となっています。

「Vpass」アプリをタップすると下の画像のように表示されるので、ANAカードを選択し、つぎにポイントの数字の横をタップします。

 

つぎに、下の図のように表示されるので、赤く囲った「ポイント」の部分をタップして、

「ポイントの照会・交換」をタップします。

 

さらに、下の図のように「ポイント交換」をタップして、「ANAカードをお持ちの方」を選択します。

 

下の図のように60%で交換できるように表示されます。

この60%は「ANAマイル」への交換ルートとしては、現在第2位のルートとなっています。

70%ルート

最後に、70%のルートについてです。

この交換ルートは「ANAマイル」の交換ルートとしては、現在最高の交換ルートとなっています。

一般的に「JQみずほルート」と呼ばれています。

ただし、このルートは現在第1位の交換ルートではありますが、欠点もあります。

それは、面倒臭い!ということです。

このルートで「ANAマイル」に交換するためには、2枚の必須のクレジットカードが必要となります。

それは

  • JQCARDセゾン
  • みずほマイレージクラブカード/ANA

の2枚です。

カードの発行方法

この2枚は、現在ポイントサイトで扱われていないため、それぞれのサイトからの申請しか方法は見当たりません。

また、復活するようでしたら紹介していきたいと思います。

リンクを下に貼り付けました。

みずほマイレージクラブカード/ANA

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/account/card/syurui.html

JQカードセゾン

https://www.jrkyushu.co.jp/jq/pc/type.html

おススメ「Vポイントカード」は、別記事を書きましたので、そちらを読んでみてください。

(5月10700円)Tカードプライムが1番お得なポイントサイトをご紹介!

(アフィリエイト広告を利用しています) この記事では、「Tカードプライム」を1番お得に発行できるポイントサイトをご紹介します。 現在、最大10700円相当 を獲得することができます。 「Tカードプライ ...

続きを見る

ポイントの交換の手順

ここでは、「Vポイント」を「ANAマイル」に交換する手順を解説します。

Vポイント→JRキューポ

ポイントサイトで貯めたポイントを「Vポイント」に交換したあと「Vポイント」アプリ上で「Vポイント」から「JRキューポ」に交換する方法から説明していきます。

ここでは「三井住友カード」を必ず持っている必要はありません。

まず、「Vポイント」アプリを開きます。

開くと、図下の赤の囲いの部分をタップします。

 

すると、下のような画面に移り、図上部にある「ポイント交換」をタップします。

すると、下のように開き、つぎは「JRキューポ」を選択してタップします。

 

すると、下のような画面に移ります。

  • JRキューポ→Vポイント
  • Vポイント→JRキューポ

となっているのが見えると思います。

Vポイントは、他社ポイントへ移行することが、ほとんどできません。

JRキューポ」は、数少ないポイント持ち出し先、かつ、最良の交換先です。

JRキューポ→永久不滅ポイント

「JRキューポ」から「永久不滅ポイント」へ交換していきます。

「JRキューポ」から「永久不滅ポイント」へ交換するためには、

公式サイトから「JQカードセゾン」を発行する必要があります。

発行しカードが届いたら、JQカードアプリにカード情報を登録します。

そうすると、JRキューポのアプリのホーム画面がこんな感じで表示されます。

この画面の所有するポイントの横にある矢印の部分をタップすると、下のように切り替わります。

そのまま少し下へスクロールすると「他社提携ポイントに交換する」が出てきます。

これをタップすると、「永久不滅ポイントに交換する」が、下のような感じで見えます。

あとは、簡単!

赤枠の部分をタップし、1000P以上のポイントを1000P単位で交換申込すれば、永久不滅ポイントに交換OKです。

2,3日で交換完了です

永久不滅ポイント→ANAマイル

つづいて、「永久不滅ポイント」を「ANAマイル」に交換していきます。

「永久不滅ポイント」から「ANAマイル」に交換するためには、

みずほマイレージクラブカード/ANA」が必要です。

交換の手順は次の通りです。

「UCカード」アプリまたは「セゾンカード」アプリ、自分が設定した方を開きます。

ちなみに、私は「UCカード」を使っています。

つぎに画面下のポイントを「使う」をタップします。

すると、下のような画面に移り、画面のしたの方へスクロールします。

すると、「カード限定アイテム」の欄に「ANA」のロゴが見えてきます。

この赤枠内をタップします。

タップ後、下のように表示されます。

この画面の下の方へ再びスクロールします。

すると、下のような画面が現れ、

  • 「ANAマイレージクラブのお客様番号」
  • 口数

を入力し、交換のボタンをタップして完了となります。

この時のポイント交換率は、

100永久不滅ポイント=350ANAマイル(交換率70%) です。

また、100永久不滅ポイントで1口(くち)とし、100ポイント単位で移行できます

1度に交換出来るのは99口までで、100口を超える場合は2回以上に分けて手続きします。

※交換ポイント数には、整合性はありません。

 

カード発行時の体験談

こちらのカードの発行と、ポイント交換ができるよう設定できるようにするまで、私は非常に手間どりました。

まず、カードの発行には、みずほ銀行口座を開設しておく必要があります。

既に持っている人は、そのままオンライン上でもカード発行ができますが、持っていない人はまず銀行で口座開設の手続きをしに銀行まで足を運ぶ必要があります。

また、私は銀行口座の開設が久しぶりだったのですが、最近の銀行はセキュリティ上のためだと思いますが、とにかく説明や身元確認等が細かく、非常に時間が長くかかります。

1時間は見ておいた方が良いと思います。

そこで、お目当てのカードを作成し、家に届くのがおよそ3週間後です。

カードが届き、いざJRキューポから移行した永久不滅ポイントをマイルの交換するため、このカードを使って交換しようと試みたとき、「ん!??」「どうやって、やるんだ??」と疑問に感じます。

このカードの表面を改めて見ると何のカードだ?となります。

ANAカード? セゾンカード?

実は、「UCカード」なのです。

裏面に「UC」と書かれています。

なので、UCの「アットユーネット」にアクセスし登録を開始します。

そうするとIDを付与されます。

そのIDと自分で設定したパスワードで、アプリ「UCportal」に登録すればアプリもOKです。

セゾンカードとも連携しているので、セゾンカードの「Netアンサー」に同様に登録し、その後、アプリ「セゾンカードportal」に登録してもOKです。

最後、どうしてもわからないときは、みずほマイレージクラブカード/ANA」カードを作ったときに、「みずほダイレクトご利用カード」も確実に貰うようにし、その裏面にみずほマイレージクラブ専用デスクに連絡するようにしましょう。

オペーレーターが詳しく教えてくれます。

また、ポイントの交換は、その専用デスクの電話で、オペレーターにお願いしても、または、電話音声ガイドからでも 交換可能です。

JQカードセゾンの基本情報

  • 年会費:初年度無料(2年目以降実質無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 貯まるポイント:JRキューポ

「JQカードセゾン」は、年会費が初年度無料で、2年目以降は年に1回以上のカード利用で無料となります。

ちなみに、カード利用が無い場合は、1375円(税込)となります。

特徴として、JR九州のサービスを利用するとお得なカードとなっていて、SuicaやICOCAの九州版「SUGOCA」へのチャージでポイントが貯まったり、

博多阪急での利用で、365日いつでも2%相当[200円(税込)につき4ポイント]JRキューポが貯められます。

お得に普段使いしていく場合、九州在住の方に限定されてしまうカードとなっています。

ANAマイルの交換ルート攻略のまとめ

いかがだったでしょうか?

各ポイントサイトから、マイルに交換していくためのルートの概要は、このようになっていて、多くに陸マイラーはその点を把握しています。

特に「Vポイント」はとても貯め易いポイントであるため、陸マイラーが行うポイ活では主力のポイントと考えて良いと思います。

ですが、陸マイラーが愛用するポイントの交換ルートはドンドンと改悪されていく傾向にあります。

その都度、諦めていく人も多くいるのですが、現在1番良いルートのみに目を持っていくと諦めの気分になりがちです。

この交換相関図の中には「Gポイント」ルートで「JRキューポ」へ交換出来るルートを表現していますが、

つねに、第2のルートや代替えルートを念頭に置きながら陸マイラー活動に取り組むことをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

マイルの仮面

家族5人海外旅行を楽しむため、毎年30万マイル貯める方法について情報発信中! ※詳細はMENUの「私について」でどうぞ!

-クレジットカード, 初心者, ANAマイル

© 2024 マイルの仮面〜マイルで家族旅行に行く方法〜 Powered by AFFINGER5