クレジットカード

(6月210000p)ヒルトンアメックスプレミアムの入会キャンペーンと無料宿泊など特典を解説!

2022年1月8日

(アフィリエイト広告を利用しています)

この記事では、「ヒルトンアメックスプレミアム」を発行して、

最大210000pを獲得する1番お得な入会方法や

その他このカードが持つ特典について解説していきます。

このカードは、2021年3月、新たに発行されたカードで、ラグジュアリーなヒルトングループのホテルを満喫するにはもってこいのカードとなっています。

憧れのスイートルームに無料で宿泊することも比較的簡単に可能にしてくれ、今までに感じたことのない優雅な時間を過ごさせてくれると思います。

 

ご興味のある方は、是非読んでみてください。

ヒルトンアメックスプレミアム入会キャンペーンの解説

「ヒルトンアメックスプレミアム」の入会方法には、3つの方法があります。

  • 「1」公式サイトからの入会
  • 「2」ポイントサイト経由の入会
  • 「3」紹介プログラムによる入会

では、それぞれの入会方法について、簡単に解説していきます。

「1」公式サイトからの入会

まず、「1」公式サイトからの入会についてです。

獲得できるポイントは、以下のとおりとなります。

入会から

3か月以内に30万円以上のカード利用で、30000ボーナスp

3か月以内に250万円以上のカード利用で、さらに85000p

250万円の通常利用分で、75000ボーナスp

つまり、合計最大190000p

を獲得することができます。

「2」ポイントサイト経由で入会

続いて、「2」のポイントサイト経由の申し込みについてです。

現在、掲載されている主なポイントサイトを比較してみました。(2024年5月3日現在)

モッピー1000p=1000円相当

ECナビ:掲載なし

ハピタス1000p=1000円相当

ポイントインカム:掲載なし

ニフティポイントクラブ:掲載なし

現在、「モッピー」と「ハピタス」が同率でした。

中でも1番オススメなサイトは、登録者数1000万人超のNo1サイト「モッピー」経由で作ることです。

もしまだ登録されていないようでしたら、登録は、下のバナーからも可能です。

稼いだポイントをマイルへ!陸マイラー御用達モッピー

※ポイントサイトのポイントは、ヒルトン・オナーズ・ポイントに交換はできないので、マイルへの交換に使いましょう!

ということで、ポイントサイト経由で公式サイト申込をすると

  • ポイントサイト:1000モッピーp
  • 公式サイト:190000ヒルトンp

を獲得できます。

「紹介制度プログラム」からの申込み

 

続いては、「3」の紹介制度プログラムを利用した申込みについてです。

入会から

3か月以内に30万円以上のカード利用で、30000ボーナスp

3か月以内に200万円以上のカード利用で、さらに20000p

3か月以内に250万円以上のカード利用で、さらに85000p

250万円分の通常利用分で75000ボーナスp

つまり、合計最大210000ヒルトンp

を獲得することができます。

公式キャンペーンで獲得できるポイント数は190000pですので、紹介プログラムの方が20000pも多く獲得することができます

ですが、現在、ブログ上で、アメックスの「紹介プログラム」を宣伝することが禁止されています。

カードに関すること・紹介に関することに対するご質問は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

特に、「ヒルトンアメックス」について知りたい方は、下のボタンから入り、必須欄の入力本文中に「ヒルトンアメックスプレミアムを知りたい」とご記入ください。

お問い合わせフォーム

ヒルトンアメックスプレミアムを知りたい

※無料相談受付中

 

ヒルトンアメックスプレミアムの基本情報

  • 年会費:66000円(税込)
  • 家族カード:3枚まで無料(4枚名以降:13200円(税込))
  • ポイント還元率:通常3%(最大7%)

※カードの申し込みには、ヒルトン・オナーズの会員番号が必要ですので、事前に会員登録をしておきましょう

ポイント還元率

「ヒルトンアメックスプレミアム」で貯まるポイントは、「ヒルトンオナーズポイント」です。

また、「ヒルトン・オナーズポイント」には、「ベースポイント」と「ボーナスポイント」があり、カード利用で貯まるポイントは、「ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント」です。

【ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートでカードを利用の場合】

100円=7ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント が貯まります。

【日々の様々な支払いにカードを利用した場合】

100円=3ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント が貯まります。

 

※カードのご利用により獲得したボーナスポイントは、ヒルトン・オナーズ エリートステータスの獲得条件としては加算されません。

※エリートステータスの獲得条件には、ヒルトンの対象ホテル・リゾートでの対象となる客室滞在に対して、$1=10ヒルトン・オナーズ・ベースポイントが獲得できます。

ポイントの有効期限

ヒルトンオナーズボーナスポイントの有効期限は、15か月間です。

しかし、カード利用してポイントに加算されると更に15か月延長されます。

つまり、カードを利用し続ければ、実質無期限 と言うことになります。

有効期限を気にしないで、落ち着いて貯めることが出来ます。

ヒルトンアメックスプレミアムで無料宿泊

「ヒルトンアメックスプレミアム」を2年以上継続して所有すると、毎年ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートのウィークエンド無料宿泊特典1泊分がプレゼントされます。

この「無料宿泊特典」は、週末であればGW、お盆、年末年始であっても利用できます

さらに、ホテルのグレードというものも関係なく、コンラッドなどの上位のホテルでも利用することができるという点が超魅力的となっています。

また、この特典で、66000円の年会費の元の取り方について後述しますが、かなり簡単に元を取ることはできます。

 

さらにさらに、カード入会/切替え日から1年間にカードを合計300万円以上のカード利用すると、ウィークエンド無料宿泊特典をさらにもう1泊プレゼントされ、

合計2泊分の無料宿泊をプレゼントされます。

年間300万円、月割り25万円のカード利用となるので、ハードル高めだと思います。

毎年狙うという利用の仕方ではなくても良いのではないかと思います。

大きな出費があった次の年に利用していくという形が現実的かと思います。

ちなみに、「Amazonギフト券」やアメックスの「百貨店ギフトカード」の購入をすることで条件をクリアすることもOKです。

  • Amazonギフト券」は有効期限が10年
  • 百貨店ギフトカード」は有効期限が無期限

なので、実際の消費を先送りにして利用できますので、金券購入も選択肢の1つだと思います。

※ウィークエンド無料宿泊特典は、基本カード会員のみが利用できます。
※ウィークエンド無料宿泊特典は、スタンダードルームに空室がある場合に2名1室分として利用できます。
※ウィークエンド無料宿泊特典は特典発行から1年間有効とし、金、土もしくは日曜日の夜、いずれか1泊に利用できます。(月-木曜日の宿泊には利用できません。)

 

ヒルトンアメックスプレミアムはダイヤモンドを達成し易い!

「ヒルトンアメックスプレミアム」を持つと、ホテルのステータスが「ゴールド会員」のステータスを付与されます。

また、その上の最上位の「ダイヤモンド」に到達することがかなり簡単になっている点が非常に魅力的な点です。

ここでは、各ステータスの特典などについてご紹介していきたいと思います。

ヒルトンゴールド会員

付与されるステータスは「ゴールド会員」です。

「ゴールド会員」の会員資格の獲得条件は、

ヒルトン・オナーズ・ゴールド会員の資格を獲得・維持するには、1年間に40泊の宿泊が必要となります。

1年間で40泊もヒルトンホテルを利用することが、あなたにはできますか?

例えば、「ヒルトン小田原リゾート&スパ」だと、

平日正規最安値で1泊31500円ですので、

40泊で合計126万円が必要になります。

これだけ利用して初めて得られる「ゴールド会員」のラグジュアリー感が伝われば、

次は実際にどんな特典があるのかをご紹介していきます。

エンハンスドルーム

これは、部屋のアップグレードのことです。

宿泊当日の部屋の空室状況にもよりますが、より上位のグレードしてもらえるという、

絶対ではなくオマケ的な要素でもありますが、物凄く嬉しい特典の1つです。

エグゼクティブルームにアップグレードされれば、エグゼクティブルームを利用することも可能です。

こちらはヒルトン大阪の「エグゼクティブルーム」です。

 

2名分の朝食無料

ヒルトンホテルのようないわゆる高級/ラグジュアリーホテルと呼ばれるようなホテルでは、朝食が1人2500~3000円といった値段が付いています。

この朝食代が2名無料となります。

それだけで、5000~6000円 も

お得にすることができます。

レイトチェックアウト

チェックイン当日に、レイトチェックアウトを申請するとレイトチェックアウトの可否を答えてくれるというものです。

通常のチェックアウト時間は12時ですが、多くは14時までチェックアウト時間を遅らせてくれるというものです。

これは、ホテルの混雑状況によって異なることもあるようで、15時まで延ばしてもらえる時もあれば、13時までのときもあるようです。

 

旅行の最終日、夕方以降に飛行機などの搭乗予約を取りたい人が多いのが旅行者の心情だと思います。

そんな時、最終日当日をゆっくりホテルで過ごしながら帰ることができれば、ゆったりした気持ちで旅を締めくくることができます。

旅行者にとってはとても嬉しいサービスだと思います。

宿泊ポ+80%ボーナスポイント付与

 

「ゴールド会員」がヒルトンの対象ホテル・リゾートの滞在にカード利用した場合、

$1=10ベースp を獲得できるので、

つまり、$1=10ベースp+8ボーナスp=18p 

を獲得できることになり、

ポイント還元率が1.8倍 になるということです。

「ヒルトンアメックスプレミアム」をホテル宿泊で利用した場合、

前述したとおりポイント還元率は7%でした。

つまり、

  • $1⇒18p+7p=25p
  • $100⇒2500p

たった$100=11500円(2022年1月11日現在)で2500pも貯まっていくという点は非常に魅力的なところです。

 

ちなみに、「ゴールド会員」のさらに上位には「ダイヤモンド会員」があり、全部で4つのステータスに分かれています。

つぎに、ダイヤモンドステータスについて説明していきたいと思います。

ダイヤモンドステータス

「ヒルトン アメックスプレミアム」を、1月から12月の1年間で合計200万円以上カード利用した基本カード会員に、達成年の翌年末までヒルトン・オナーズの最上級のステータス「ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンド会員」が提供されます。

「ダイヤモンドステータス」とは、ヒルトンにある4つのステータスのうちで最高のステータスです。

毎月のカード利用が16万7千円以上であれば、年間200万円を超えてきます。

普段のあらゆる支払いをまとめればそれほど難しいハードルではないと思います。

ちなみに、ダイヤモンドエリート資格を宿泊回数で獲得・維持する場合は、1年間に60泊の宿泊が必要となります。

正直、ホテルに年間60泊もする人は、あまりいないのではないかな?と思います。

日常生活の中でのカード利用で、条件をクリアしていくのが現実的だと思います。

 

では、その特典の一部をご紹介します。

エンハンスドルーム

「ダイヤモンドステータス」の場合の部屋のアップグレードは最高で「スイートルーム」までの案内をしてもらえることがあります。

さすが、最高ステータスといったところです。

※コンラッド東京HPのスイートルーム参照

 

宿泊ポイント+100%のボーナスポイントの付与

ダイヤモンドエリート会員には、獲得したすべてのヒルトンベースポイントに対して、100%のボーナスポイントが自動的に加算されます

これは、例えば、1米ドルを利用した場合

1米ドル⇒10ベースp+10ボーナスp=20p 

を獲得することができ、ポイント還元率は2倍となります。

つまり、

  • $1⇒20p+7p=27p
  • $100⇒2700p

ポイント宿泊するためにゴールドよりもさらにポイントが貯まりやすくなっていて、メチャクチャ魅力的な点となっています

 

エグゼクティブラウンジの利用

「ダイヤモンドステータス」になるとエグゼクティブラウンジを利用することができるようになります。

つまり、「無料」で

  • アフタヌーンティー時に、スイーツやお茶を
  • イブニングカクテル時に、スパークリングワインやワインなどのアルコール類と軽食を

利用することができます。

下の写真は「ヒルトン大阪」の「エグゼクティブラウンジ」の様子です。

通常では、エグゼクティブラウンジは

  • エグゼクティブルーム宿泊者
  • ダイヤモンド会員

のいずれかでなければ利用することはできません。

ヒルトンアメックスプレミアム損益分岐点

では、「ヒルトンアメックスプレミアム」は、年会費も高いですがウィークエンド無料宿泊といった特典が付いてきますが、本当にお得なのでしょうか?

その点について解説していきたいと思います。

「ヒルトンアメックスプレミアム」を持つことでかかる経費は、固定として年会費66000円がかかるのみとなります。

これを敢えてグラフにしてみるとこんな感じです。

つまり、特典の週末無料宿泊の1泊または2泊をすることで、66000円以上の部屋を利用すれば、元を取ったことになります。

例えば、京都ROKU

無料宿泊特典対象の週末(赤枠内)のうち、2022年2月5日(土)(緑の枠内)の状況は、1泊94050円でした。

 

この他には

「コンラッド大阪」

 

ヒルトン クラブ ザ ベイ フォレスト 小田原

 

「ヒルトンクラブザビーチセソコ」

などを利用すればメチャクチャお得に元を取ることができます。

 

ヒルトンプレミアムクラブジャパン年会費実質無料

HILTON PREMIUM CLUB

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下HPCJ)は、

日本国内17ホテル韓国2ホテルで、割引などのご優待が受けられる特典プログラムです。

主な特典は、下の2つです。

宿泊代25%割引

無料宿泊以外で対象ホテルを利用した時でも、宿泊代をお安くすることができる点が非常にうれしいですね。

 

レストラン代20%割引

ホテル宿泊したとき、ホテル内のレストラン代が20%割引となります。

※宿泊なしの場合:10%割引

コンラッド東京「風花」を利用した時の食事はこんな感じでした。

年会費

HPCJの年会費は、通常25000円(税込)です。

しかし、「ヒルトンアメックスプレミアム」のカード会員と家族カード会員なら

HPCJの初年度年会費無料利用できます。

 

2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きすると、

HPCJ年会費は10000円(税込)で更新できます。

また、HPCJ年会費の支払い後に、国内HPCJ対象ホテルで使える5000円割引券を2枚(計10000円分)が貰えます。

つまり、実質無料 になるということです。

 

ただし、割引券は同時に2枚利用できません。

使い方として、ゴールド会員特典の2人目宿泊費無料を併用します

家族の人数が多い方が宿泊するには2部屋必要な場合があります。

その場合、ゴールド会員特典で1部屋目を2人で利用し、

2部屋目の部屋代として1枚、食事代としてもう1枚利用する

ことが出来ます。

※HPCJへの登録が別途必要ですので、注意してください

 

ヒルトンアメックスプレミアムのデメリット

ここまでメリット面をお伝えしてきましたが、ここではデメリット面についてお伝えしたと思います。

マイルへの交換

「ヒルトンアメックスプレミアム」には、上記で紹介した以外に、マイルへの交換やレストランディナー券への交換など有ります。

旅行を楽しみたいと考えているあなたなら、「マイルへの交換」は気になるところだと思います。

全世界42社の航空会社マイルに交換可能で、非常に多くの交換先が用意されています。

では、国内2社「ANA」「JAL」の交換比率を見てみます。

  • ANAー全日本空輸:10000ヒルトンp⇒1000ANAマイル
  • JALー日本航空:10000ヒルトンp⇒1000JALマイル

となっていて、

1p=0.1マイル つまり、交換効率は1/10になるという 

非常に効率が悪いので、おススメではありません。

ヒルトンポイントは、宿泊用ポイントとして利用するのがベストだと思います。

プライオリティパスの設定がない

「プライオリティパス」とは、海外主要空港にある1300か所以上の空港ラウンジがほぼ無料で利用可能になるというパスのことです。

海外空港の航空会社ラウンジは、国内のカードラウンジとは比べ物にならないくらい豪華で、このパスは、通常年間429米$、日本円にして4、5万円ほどかかります。

現在はコロナのため、海外渡航は難しいですが、海外旅行を頻繁にできるようになれば付いていると嬉しい特典です。

このプライオリティパスの設定が無いのは、年会費が66000円とアメックスの他のプラチナカードから比較するとお安めではありますが、高額な部類に入ると思いますので、残念ではあります。

 

ヒルトンアメックプレミアム入会キャンペーンのまとめ

いかがだったでしょうか?

ヒルトンアメックスプレミアム」の魅力が少しは伝わったでしょうか?

ここでもう一度その特典をおさらいしたいと思います。

「ヒルトンアメックスプレミマム」を持つだけで得られるメリットは、

ゴールド会員自動付与

ポイント還元率:通常カード利用で3%(ホテル利用で7%

 ゴールド会員がホテル宿泊すると$1=25pでポイントが貯まる

ウィークエンド無料宿泊

 カードを継続所有(年会費6万6千円):1泊無料

 1年間のカード利用額300万円以上;2泊無料

・ダイヤモンド会員を達成し易い

 1年間のカード利用額200万円以上:ダイヤモンド会員を取得・維持

 ダイヤモンド会員がホテル宿泊すると、$1=27pでポイントが貯まる

部屋のアップグレードがスイートルームまでしてもらえる可能性あり!

の以上です。

つまり、宿泊すればするほど超お得にポイントが貯まっていき、また体感する最高級のサービスを受けることができます。

ヒルトンを堪能したい人にとっては、これ以上のお得なカードは無いと思います。

そんな便利なカードをお得に作る方法は「紹介制度プログラム」を利用して作る方法です。

獲得できるポイント数は、以下のとおりです。

入会から

3か月以内に30万円以上のカード利用で、30000ボーナスp

3か月以内に200万円以上のカード利用で、さらに20000p

3か月以内に250万円以上のカード利用で、さらに85000p

250万円分の通常利用分で75000ボーナスp

つまり、合計最大210000ヒルトンp

を獲得することができます。

公式キャンペーンに比べて、紹介プログラムの方が20000pも多くポイントを獲得することができます

現在、ブログ上で、アメックスの「紹介プログラム」を宣伝することが禁止されていますので、

カードに関すること・紹介に関することに対するご質問は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

特に、「ヒルトンアメックス」について知りたい方は、下のボタンから入り、必須欄の入力本文中に「ヒルトンアメックスプレミアムを知りたい」とご記入ください。

お問い合わせフォーム

ヒルトンアメックスプレミアムを知りたい

※無料相談受付中

※ご相談レベルでのお問い合わせでも構いません。

知らない人にメールアドレスやLINEを教えたくない方は、Gメールなどのフリーメールアドレスを取得して、フリーメールで連絡していただくと、より安心ではないかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

マイルの仮面

家族5人海外旅行を楽しむため、毎年30万マイル貯める方法について情報発信中! ※詳細はMENUの「私について」でどうぞ!

-クレジットカード

© 2024 マイルの仮面〜マイルで家族旅行に行く方法〜 Powered by AFFINGER5