クレジットカード 初心者

(4月18000p)ヒルトンアメックスで毎年子連れの無料宿泊する方法を解説!

2021年9月18日

(アフィリエイト広告を利用しています)

旅行をしたいあなたにとって、

「ヒルトンアメックスってほんとにお得なの?」と思ったりしませんか?

この記事では、「ヒルトンアメックス」の発行後、毎年子連れで無料宿泊できる方法を解説していきます。

「ヒルトンアメックス」を持って比較的無理の少ないカード利用をしていくだけで、

高級ホテルであるヒルトンホテルを手軽に、かつ、お得に利用することができるんだということがわかっていただけると思います。

また、最後に「ヒルトンアメックス」を1番お得に作り、無料宿泊特典 などを獲得するキャンペーンについてもご紹介します。

ヒルトンホテルを利用して旅行で今までとは違うリッチな気分を味わいたいあなたには、是非読んでいただきたい記事となっています。

少し長いですが、読んでみてください。

ヒルトンアメックスで利用出来るホテルは?

ヒルトンアメックス」を持つと、ヒルトン系のホテルをお得に利用することができるようになります。  

では、ヒルトン系のホテルにはどんなホテルがあるのでしょうか?

ヒルトンホテルズ&リゾーツ」には、下のロゴ一覧のとおり18種類のブランドが有ります。

全世界には、6000超のホテルとリゾートがあるホテルグループです。

中でも、ヒルトンと言えばやはり、ハワイのワイキキにある

ヒルトンハワイアンヴィレッジ」が超有名で、

ハワイ好きならまず最初に利用しておきたいホテルの第一候補と言えると思います。

また、国内には全部で26のヒルトンホテルズ&リゾーツ があります。

2021年9月16日には、

ブランド「LXR」の「ROKU KYOTO KYOTO」が、

ヒルトン京都内初進出しました。

正規で1泊80000円以上するラグジュアリーホテルでアジア初進出です。

また、2023年6月には、沖縄県宮古島に「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」が進出しするなど、

ヒルトンは、今後も大阪や北海道など、国内にホテルが建設中で、更に色々なホテルを楽しむことができるようになります。

 

ヒルトンアメックスの特典

それでは、「ヒルトンアメックス」を持つと得られる特典とカードの基本情報を解説していきたいと思います。

基本情報

  • 年会費:16500円(税込)
  • ポイント還元率:100円=最大3%
  • ポイントの有効期限:実質無期限

※カードのお申し込みの際には、ヒルトン・オナーズの会員番号が必要ですので、カードを作る前に事前登録をしましょう。

年会費

年会費は、アメックスカードの中では比較的お安い方です。

ポイント還元率

ヒルトン・オナーズポイントには、

  • ベースポイント
  • ボーナスポイント

があります。

【ヒルトングループ内のホテル&リゾートの宿泊代で利用の場合】

1ドル=10ベースp が貯まります。

ベースpがエリートステータス獲得に必要となります。

【ヒルトングループ内のホテルやリゾートでカードを利用の場合】

100円=3ボーナスp が貯まります。

【日々の様々な支払いにカードを利用した場合】

100円=2ボーナスp が貯まります。

【補足】

カードのご利用により獲得したボーナスpは、ヒルトン・オナーズ エリートステータスの獲得条件としては加算されません。

ポイントの有効期限

ヒルトンオナーズボーナスポイントの有効期限は、15か月間 です。

しかし、カード利用してポイントに加算されると更に15か月延長されます。

つまり、カードを利用し続ければ、実質無期限 と言うことになります。

有効期限を気にしないで、落ち着いて貯めることが出来ます。

特典1:ヒルトンゴールド会員

ゴールド会員」の会員資格の獲得条件は、

ヒルトン・オナーズ・ゴールド会員の資格を獲得・維持するには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

(1)1年間に20回の滞在
(2)1年間に40泊の宿泊
(3)1暦年間に75000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

 

1年間で40泊もヒルトンホテルを利用することが、あなたにはできますか?

例えば、「ヒルトン小田原リゾート&スパ」だと、

平日正規最安値で1泊31500円ですので、

40泊で合計126万円が必要になります。

これだけ利用して初めて得られる「ゴールド会員」のラグジュアリー感が伝われば、

次は実際にどんな特典があるのかをご紹介していきます。

エンハンスドルーム

これは、部屋のアップグレードのことです。

宿泊当日の部屋の空室状況にもよりますが、より上位のグレードしてもらえるという、

絶対ではなくオマケ的な要素でもありますが、物凄く嬉しい特典の1つです。

エグゼクティブルームにアップグレードされれば、エグゼクティブラウンジを利用することも可能です。

下の写真は「ヒルトン大阪」の「エグゼクティブラウンジ」の様子です。

また、こちらは「エグゼクティブルーム」です。

通常では、エグゼクティブラウンジは

  • エグゼクティブルーム宿泊者
  • ダイヤモンド会員

のいずれかでなければ利用することはできません。

 

2名分の朝食無料

ヒルトンホテルのようないわゆる高級/ラグジュアリーホテルと呼ばれるようなホテルでは、朝食が1人2500~3000円といった値段が付いています。

この朝食代が2名無料となります。

それだけで、5000~6000円 も

お得にすることができます。

レイトチェックアウト

チェックイン当日に、レイトチェックアウトを申請するとレイトチェックアウトの可否を答えてくれるというものです。

通常のチェックアウト時間は12時ですが、多くは14時までチェックアウト時間を遅らせてくれるというものです。

これは、ホテルの混雑状況によって異なることもあるようで、15時まで延ばしてもらえる時もあれば、13時までのときもあるようです。

旅行の最終日、夕方以降に飛行機などの搭乗予約を取りたい人が多いのが旅行者の心情だと思います。

そんな時、最終日当日をゆっくりホテルで過ごしながら帰ることができれば、ゆったりした気持ちで旅を締めくくることができます。

旅行者にとってはとても嬉しいサービスだと思います。

宿泊ポ+80%ボーナスポイント付与

 

「ゴールド会員」がヒルトンの対象ホテル・リゾートの滞在にカード利用した場合、

$1=10ベースp を獲得できるので、

つまり、$1=10ベースp+8ボーナスp=18p 

を獲得できることになり、

ポイント還元率が1.8倍 になるということです。

かなりのハイペースでポイントが貯まっていきます。

ちなみに、「ゴールド会員」のさらに上位には「ダイヤモンド会員」があり、全部で4つのステータスに分かれています。

特典2:毎年週末1室1泊無料

「ヒルトンアメックス」を継続して所有すると、

2年目以降毎年金、土、日のいずれかで1室1泊、原則2名が無料宿泊することができます。

しかも、ホテルのグレードに関係なく利用することができます

ただし、無料宿泊できるようになるためには条件があります。

カード入会日・切替日から毎年1年の間にカードを合計150万円以上利用することです。

毎月12万5千円 を決済すれば良いので、ハードルはかなり低めです。

ハイグレードなホテルの週末に宿泊したとき、1泊10万円もするホテルが無料で宿泊できるのですから非常にお得な特典となっています。

特典3:ヒルトンプレミアムクラブジャパン年会費実質無料

HILTON PREMIUM CLUB

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下HPCJ)は、

日本国内17ホテル韓国2ホテルで、割引などのご優待が受けられる特典プログラムです。

主な特典は、下の2つです。

宿泊代25%割引

無料宿泊以外で対象ホテルを利用した時でも、宿泊代をお安くすることができる点が非常にうれしいですね。

レストラン代20%割引

ホテル宿泊したとき、ホテル内のレストラン代が20%割引となります。

※宿泊なしの場合:10%割引

コンラッド東京「風花」を利用した時の食事はこんな感じでした。

年会費

HPCJの年会費は、通常25000円(税込)です。

しかし、ヒルトンアメックスのカード会員と家族カード会員なら

HPCJの初年度年会費10000円(税込)で利用できます。

 

2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きすると、

HPCJ年会費は10000円(税込)で更新できます。

また、HPCJ年会費の支払い後に、国内HPCJ対象ホテルで使える5000円割引券を2枚(計10000円分)が貰えます。

つまり、実質無料 になるということです。

ただし、割引券は同時に2枚利用できません。

使い方として、ゴールド会員特典の2人目宿泊費無料を併用します

家族の人数が多い方が宿泊するには2部屋必要な場合があります。

その場合、ゴールド会員特典で1部屋目を2人で利用し、

2部屋目の部屋代として1枚、食事代としてもう1枚利用する

ことが出来ます。

※HPCJへの登録が別途必要ですので、注意してください

ヒルトンアメックスの損益分岐点

では、本当に「ヒルトンアメックス」はお得なのでしょうか?

元を取れているのかどうかについて、検証・解説をしていきたいと思います。

「ヒルトンアメックス」を持つことでかかる経費は、固定費として年会費16500円がかかるのみで、変動費はありません。

ということで、ありたり前なことを敢えてグラフにしてみるとこんな感じです。

ホテルのグレードは問わずに、週末の金、土、日のいずれかで1室1泊16500円以上の部屋を利用するれば、必ず得をするということになります。

  1. 年会費が安いという点
  2. 無料宿泊で利用できるホテルのグレードに制限がない点

この2つのおかげで非常に簡単にお得にすることができます。

毎年無料宿泊する方法

1年目

カード発行の1年目には、無料宿泊特典利用をすることはできません。

そこで、カードの発行で獲得したポイントを利用して宿泊します。

カード発行と普段使いの150万円の決済で獲得できるポイント数は

18000p+30000=最大48000pです。

ここに2023年12月9日(土)~5日(日)で検索した結果が、全部で26のホテルが掲載されていました。

この中から48000pで利用できるホテルは全部で11ありました。

安いホテルだと6800~9000円程度から ですが、

そういったホテルの場合は2~3泊くらいできます。

また、1泊10万円程するホテルもあります。

なので、元を取ることは非常に簡単です。

スタンダードなお安めを予約しても、エンハンスドルームの期待もできますので、

ほぼ損をすることなく、さらにお得にすることも可能となります

2年目以降:子どもの添い寝を利用する

国内のヒルトンホテルには、

  • 添い寝可能であったり、
  • 名以上で利用できるファミリー向けの客室を完備しているところ

があります。

仮に「添い寝可能」であったとしても、

対象年齢が「未就学まで」のところもあれば、

18歳までOK」というところもあり、

ホテルによって受け入れ態勢は様々です。

添い寝の可否

「カード特典の週末宿泊券」を利用で子どもの添い寝は可能なのか?

また、「貯めたポイントでの宿泊」でも添い寝の状況が変わるのか?

子どもが複数いる家族にとっては、非常に気になるとことです

そこで、国内20あるホテルの「添い寝」の状況について、直接ホテルに電話で調査してみました。

(2021年9月24日現在)

ホテル名 年齢の上限 子どもの人数制限 子どもの朝食 子どものクラブラウンジ利用の可否
ヒルトンニセコビレッジ 未就学児 大人1人に付き子ども1人 添い寝の子どもは無料 ラウンジ無し
ヒルトン東京 未就学児 大人1人に付き子ども1人 添い寝の子どもは無料 調査中
コンラッド東京 未就学児 大人1人に付き子ども1人 添い寝の子どもは無料 調査中
ヒルトン東京ベイ 未就学児 大人1人に付き子ども1人 3歳以下:無料

4-8歳:2300円

9-12歳:2750円

無料利用可
ヒルトン東京お台場 未就学児 原則:大人1人に付き子ども1人(大人2名3名でも可) 添い寝の子どもは無料 無料利用可
ヒルトン小田原リゾート&スパ 未就学児 大人1人に付き子ども1人 未就学児:無料

小学生:1650円

日中:不可

17-20:可

ザ・ベイフォレスト 小田原・バイ・ヒルトン・クラブ 調査中 調査中 調査中 調査中
ヒルトン成田 10歳以下 添い寝の子どもであれば人数制限なし 添い寝の子どもは無料

小学生1800円

ラウンジ無し
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクション byヒルトン 調査中 調査中 調査中 調査中
ヒルトン名古屋 小学生以下 大人1人に付き子ども1人

エキストラベッド6215円

添い寝子は無料

添い寝でない子ども2500円

添い寝の子ども無料
ヒルトン大阪 12歳以下 大人1人に付き子ども1人 添い寝の子ども無料 利用可
コンラッド大阪 18歳 制限なし

(添い寝希望の子どもの人数情報を事前に備考欄に記載する)

6歳以下無料

7-11歳2500円

12歳以上5000円

利用可
ROKU KYOTO 未就学児 大人1に付き子ども1人 未就学児無料 「キーハウス」を全宿泊者利用可

プレミアムルーム宿泊者はカクテルタイムの利用可(17:00~18:30)

ヒルトン福岡シーホーク 6歳以下 6歳以下無料

7-12歳以下1500円

13歳以上3150円

ヒルトン長崎11/1おーぷん 小学生以下 添い寝の子どもであれば人数制限なし 6歳以下無料

7-12歳1500円

13歳以上大人料金

利用可
ヒルトン沖縄北谷リゾート 5歳以下 添い寝の子どもであれば制限なし 5歳以下:無料

小学生:1700円

中学生以上2300円

17-18:利用可

18-19:利用不可

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 5歳以下 添い寝の子どもであれば制限なし 5歳以下:無料

6歳以上:大人料金

利用可
ダブルツリーbyヒルトン那覇 6歳未満 添い寝の子どもであれば制限なし

6歳以上は大人料金

添い寝の子ども:無料

6歳未満:1100円

大人料金2200円

ラウンジ無し
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城 未就学児 制限なし 添い寝の子ども:無料

6歳未満:1280円

6歳以上:大人料金

ラウンジ無し
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 6歳未満 添い寝の子どもであれば制限なし

6歳以上は大人料金

添い寝の子ども:無料

6歳未満:2175円

大人料金3600円

利用可

調査結果として、ヒルトンでは、

「6歳以上は大人扱いとなる」

また、特典宿泊は、

「大人2名が宿泊無料、添い寝で未就学児2名も宿泊無料、朝食も4名無料」

が原則だということでした。

また、「添い寝」について、

  • 現金宿泊
  • ポイント宿泊
  • カード特典の週末宿泊

いずれにおいても同じ扱いとなり、上記に示した表のとおりとなるとのことでした。

これは、もちろん1年目のポイント宿泊でも同様となります。

 

「ヒルトン大阪」を家族4人(大人2名・小学生2名)で特典宿泊した場合(2021年9月金ー土)

「宿泊代」と「朝食代」までを無料で利用することができれば、

週末の1泊で

  • 一室(最大3名、添い寝1名)=21364円
  • 朝食(大人)3800円×2名=7600円
  • 朝食(子ども)2800円×2名=5600円

の合計34564円程度を浮かすことができます。

また、ラウンジ付の部屋にアップグレードされれば、ラウンジが利用でき、更に1万円程度をお得にすることができます

※添い寝の条件などについては、実際の宿泊利用の際には、各ホテルに直接事前確認してください。

個人的な感想として正直なところ、「子どもの添い寝が原則未就学児まで」と言う点は、あまりお財布に優しくないところだとは思います。

しかし、年会費が16500円と格安で、部屋のアップグレードなどを受けられることを加味すれば、お得であることは間違いないと感じています

ヒルトンホテルに子連れで出かけた関連宿泊記を別の書いてみましたので、ご興味のある方は読んでみてください。

【ブログ】ヒルトン沖縄瀬底リゾート子連れ宿泊記!朝食もレビュー

「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」に子連れの家族4人で宿泊してきました。 那覇空港から車で約1時間30分ほどかかる本部町の瀬底島にある国内屈指の海の透明度を誇るリゾートホテルです。 瀬底島は開発がされていな ...

続きを見る

ヒルトンアメックスの新規入会キャンペーン

それでは、1番お得な新規入会キャンペーンをご紹介します。

1番お得な新規入会キャンペーン

獲得できるポイント数についてです。

入会後、

3か月以内に30万円以上の利用で、12000p

30万円分の通常決済ポイント6000p

つまり、合計12000+6000=最大18000p を獲得できます。

 

ポイントの購入

さらに、ここでポイントを増やす方法として、ひと捻りすることが出来ます。

ヒルトン・オナーズ・ポイントを購入するという方法です。

ヒルトンのポイントは年間80000pまで購入することが可能です。

通常、1p=1.5円(1米$=150円と考えた場合)

ですので、120000円=80000p

最大80000p

購入できます。※正確にはドル円相場に寄ります

つまり、18000p+80000p=最大98000p とすることが可能です。

あくまでポイントを増やすという点に的を絞った場合の方法ではありますが、

30万円のノルマのうち120000円程度をポイント購入に利用するのも、1つの方法かと思います。

ヒルトンアメックスのまとめ

いかがだったでしょうか?

「ヒルトンアメックス」は、子連れの無料宿泊は、原則大人2名に対し、未就学児2名までが無料宿泊できるということは分かりました。

年会費が16500円とお安目である点から、小学生以上の子ども連れの家族であっても無料宿泊はできないですが、かなりお得に利用することができます。

また、1年間で150万円のカード利用という比較的低い条件クリアのうえで2年目以降に利用できる無料宿泊券を利用する場合、

  • 同じホテルでもシーズンごとに利用出来たり出来なかったり
  • ホテルに宿泊できるポイントに上限が有ったり

といったややこしい条件が無いことから比較的簡単に元を取ることができます。

ヒルトンホテルに泊まりたいと思う方であれば、誰にでも使い易くなっていています

お問い合わせ

現在、ブログ上で、アメックスの「紹介プログラム」を宣伝することが禁止されています。

カードに関すること・紹介に関することに対するご質問は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

特に、「ヒルトンアメックス」について知りたい方は、下のボタンから入り、必須欄の入力本文中に「ヒルトンアメックスを知りたい」とご記入ください。

お問い合わせフォーム

ヒルトンアメックスを知りたい

※無料相談受付中

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

マイルの仮面

家族5人海外旅行を楽しむため、毎年30万マイル貯める方法について情報発信中! ※詳細はMENUの「私について」でどうぞ!

-クレジットカード, 初心者

© 2024 マイルの仮面〜マイルで家族旅行に行く方法〜 Powered by AFFINGER5