体験レビュー

【ブログ】ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城の子連れ宿泊記!朝食・プールもご紹介!

2023年10月29日

家族4人でポイントを使って「ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城」を無料で利用することができました。

首里城のすぐ近くにに位置するこのホテルは、那覇空港や国際通りから遠くなくアクセスするのに不便なホテルではありません。

街中に有りますがホテルの敷地内に入るととてもそんな雰囲気を感じることない南国雰囲気を楽しめるホテルとなっています。

この記事では、「ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城」の客室やプール、朝食の様子をご紹介して行きますので、

ご興味のある方は読んでみてください。

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城の宿泊記

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城」は、

  • 地上20階建て
  • 全333部屋(溶室332室・和室1室)
  • 駐車場500台(1200円/1日)

となっていて、那覇市内ですが、客室数や駐車台数がかなり多めで予約が取りやすいホテルではないかと思います。また、

  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:11:00

です。

ラウンジは無く、2019年7月1日にガーデンプールが現在の仕様にリニューアルされ、那覇市内最大級のプールが備わっています。

ポイント泊・週末無料宿泊特典の子連れ旅行の方には気になる

子どもの添い寝事情ですが未就学児までが無料で添い寝可能で、朝食も無料となります。

また、宿泊できる部屋の定員が4名までとなっているとても嬉しいホテルとなっています。

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城の受付・ロビー

<受付の様子>

受付は、駐車場から入っていくとあり、ホテルの4階となっています。

夜8:00頃に到着したので、あまり人はいませんでした。

<ロビーの様子>

「ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城」のロビーは広めで、お客でごった返すような人が居ても比較的ゆったりする空間があります。

こちら☝は、チェックイン時に貰えるダブルツリー特製のチョコチップクッキーです。

1995年以来、秘伝のレシピと焼き方に厳密に従い、毎日焼き上げているそうです。

貰った時はホカホカで温かく、とても良い香りがするので、それが気分を上げてくれます。

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城の客室の様子

エレベーターホール・廊下

<エレベーターホールの様子>

<廊下の様子>

<今回利用した部屋前>

ベッドルーム

今回泊まった部屋は、広さ30㎡のツインルームで定員が4名のお部屋です。

ベッド回り、枕元にはライト系のスイッチとコンセント、時計が備えられていました。

テレビは40インチ

<ワークデスクとチェアー>

このあたりのスペースはとても広く感じられ、特に我が家の場合、クローゼットを有効利用せずに旅行のスーツケースをこの辺に広げることが多いので、

妻が「とても便利だ」と言っていました。

玄関・クローゼット・ミニバー

<部屋の玄関の様子>

ミニバーとして、コップ、グラス、ポット、ペールと、飲み物の種類として、緑茶、コーヒー、砂糖、ミルクが備えられていました。

<クローゼット内のアイロン・部屋着>

レストルーム

<洗面台>

<トイレ>

<シャワー・浴槽>

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城のレストルームは、洗面台・トイレ・浴槽がコンパクトにまとまった造りとなっています。

アメニティー類

歯ブラシ・歯磨き粉・髭剃り・ボディローション・シャワーキャップ・櫛・

ハンドソープ・フェイシャルソープ

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城のプールの様子

写真のプールの深さは、1.2mで、この他に子ども用のプールの深さは65cmで用意されています。

浮き輪、タオルは無料で貸し出されています。

営業時期

2023年4月1日(土)~10月31日(火)

時  期 営 業 時 間
4~6月 10:00~18:00
7~8月 10:00~20:00(土日祝、8/11~15は9:00~20:00)
9~10月 10:00~18:00

利用料金

  • 宿泊者:無料
  • ビジター:大人(中学生以上)2000円、小人(4歳~小学生)900円

となっています。

<足洗い場>

<更衣ロッカー>

<シャワー>

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城のガーデン

チャペルの中の様子はこんなかんじで、こちらのチャペルをホテルの職員と一緒に下見に来ているような若い夫婦もいました。

この辺の雰囲気はとても良いものを感じました。

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城の朝食

「ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城」の朝食の場所は4階です。

「グランドキャッスルカフェ&ダイニング」

こちらが「ダイヤモンド会員」と「ゴールド会員」の人が朝食をいただく、

グランドキャッスルカフェ&ダイニング」です。

上の写真は、夜に撮ったので少し暗いですが、朝はとても明るくてさわやかな雰囲気です。

中の様子は下の写真のとおりです。

朝食料金

  • 大人:2550円
  • 子ども(6歳~12歳):1280円
  • 歳以下:無料

席数:個室3室、122席

朝食の内容

朝食の内容は、和洋中がそろえられている内容で他のヒルトン系ホテルと比べても比較的充実した内容であったように感じています。

妻や子供たちもとても満足したという感想でした。

<ヒルトンカレー>

<和食>

<洋食>

<サラダ>

<フルーツ>

<カフェラテ>

エリート会員特典メニュー

我が家は、ヒルトンアメックスカードを所有しているので、年間宿泊25泊以上ホテル利用しないととに成れない「ゴールド会員」となっています。

なので、その特典として朝食に上の写真のメニューの中から1人1つずつ1品選ぶことができました。

<本日のスープ>

<とろとろ軟骨ソーキの醤油煮>

<フレンチトースト>

席の様子

<今回利用した席の様子>

朝日が気持ちよく、眼の前に緑が広がり、とても街中にある感じがしない時間を過ごすことができました。

種類が豊富で、かつ、味も美味しく、妻や子供たちもとても満足してくれまいした。

グランドキャッスルカフェラウンジ

こちらは「グランドキャッスルラウンジ」は、4階ロビー横、「グランドキャッスルカフェダイニング」の手前にあり、

ヒルトンのブルー会員(一般会員)とシルバー会員までの人が朝食をいただくことにあります。

こちらでAM11:00~18:00の間に、ウェルカムドリンクをいただくこともできます☟。

コインランドリー

コインランドリーの場所は、3階にあり、長期滞在の方にはとても重宝します。

営業時間は24時間で、いつでも利用することができます。

洗濯機・乾燥機は6台設置されています。

料金は、

  • 洗濯機 ... 1回300円 / 約30分
  • 乾燥機 ... 15分 / 100円

となっています。

今回、私たちは1泊しか利用しなかったので、利用することは無かったので、写真を撮り忘れました。

なので、写真は公式ページから引用させていただいております。

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城へのアクセス

  • 所在地:〒903-8601 沖縄県那覇市首里山川町1丁目132−1
  • 電話番号:0988865454

那覇空港から車での所要時間は、概ね30分です。

モノレールで行く場合、「儀保駅」から徒歩で歩くのが一番わかりやすいとホテルの受付で案内されました。

実際、歩いてみると15分程で到着したので荷物の無い場合なら問題なく移動できると思います。

ですが、ホテルに向かう場合、駅からタクシーを使うことになるのでタクシーを拾いやすい駅と考えたら、日中なら「おもろまち駅」が良いかと思います。

私も今回は「おもろまち駅」で降りて、タクシー配車アプリ「GO」を使ってホテルに向かいました。

日中ならこれでOKだと思います。

ですが、夜20:00くらいだとなかなか拾いにくかったので、もっと国際通りに近い「牧志駅」で拾うのがベストかと思います。

その場合の所要時間は約15分です。

ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城の宿泊レビューのまとめ

いかがだったでしょうか?

この「ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城」は、首里城にほど近く、那覇空港からも車で30分ほどの便利な立地にあります。

今回はじめての利用ということで、朝食も小学生の次女も無料となり家族4人全員無料としていただくことになりました。

ヒルトンホテルに宿泊する場合、ホテルの上級ステータスを持っているとお得に宿泊することができます。

例えば「ゴールド会員」の場合、

  • 朝食大人2名無料
  • 部屋のアップグレード(運よくエグゼクティブルームまでアップグレードされればラウンジの利用も可能)
  • レイトチェックアウト

が上げられます。

「ゴールド会員」になるには通常年間20滞在か40泊以上のホテル利用というかなり高いハードルがあります。

ですが、「ヒルトンアメックスカードを持つだけで「ゴールド会員」となれるカードがあります。

我が家も持っていてお得なサービスを受けることができました。

ご興味のある方は、こちらの記事をお読みください。

(4月18000p)ヒルトンアメックスで毎年子連れの無料宿泊する方法を解説!

(アフィリエイト広告を利用しています) 旅行をしたいあなたにとって、 「ヒルトンアメックスってほんとにお得なの?」と思ったりしませんか? この記事では、「ヒルトンアメックス」の発行後、毎年子連れで無料 ...

続きを見る

沖縄旅行を家族で簡単に楽しみたいなら

沖縄旅行は国内でも常に1位2位を争う人気の旅行先です。

LCCを使った安い旅行というのもありますが、マイルやポイントを貯めると飛行機代やホテル代を浮かせることができるので、

LCCで格安に出かけた時の費用とそれほど大きな差が無いのに、グレードは格段上のホテルを楽しむことができたりします。

そういった旅行を年に1回したいといのであれば、クレジットカードの持ち方、日常の出費の支払い方法を見直すだけで実現可能とすることができます。

その方法にご興味のある方は下の記事を読んでみてください。

ANA派?JAL派?沖縄旅行が最短3ケ月で家族3人分無料になるマイル積立基本講座~マイルの世界へようこそ!

  気軽に飛行機に乗って旅行に行きたくないですか? マイルを貯め始めて家族5人で、 ハワイや沖縄、USJ旅行 に無料で出かけられるようになりました。 こういった旅行に気兼ねなく出かけられるの ...

続きを見る

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

マイルの仮面

家族5人海外旅行を楽しむため、毎年30万マイル貯める方法について情報発信中! ※詳細はMENUの「私について」でどうぞ!

-体験レビュー

© 2024 マイルの仮面〜マイルで家族旅行に行く方法〜 Powered by AFFINGER5