クレジットカード ポイントサイト

(6月34000円)セゾンプラチナビジネスアメックスがお得なポイントサイトを検証!お得なハワイ旅行発券方法も解説!

2023年4月26日

(アフィリエイト広告を利用しています)

この記事では、「セゾンプラチナビジネスアメックス」をお得に作られるポイントサイトがどこか?を比較検証し、

最大34000円分お得に作る方法について知ることができます。

このカードは、ビジネスカードなので、ビジネス経営者にとって経費削減できるサービスや事業をスタートアップさせたばかりの人でも資金繰りに困らないようなサービスもしっかり特典として用意されています。

しかも、会社経営者、個人事業主でなく会社員でも・公務員でも(違法でなく)作ることができる使い勝手の良いカードとなっています。

作る際には、事業実績やお店の屋号なども必要ありません。

また、JALマイル」の還元率最大1.45%にでき、ビジネスマンばかりではなく、陸マイラー必携と言っても良い、旅行好きには嬉しい特典が豊富なカードとなっています。

本文の中では、「JALマイル」でハワイにお得に行く方法も解説していきたいと思います。

そして、更に現在、東京銀座エリアを中心にした美容エステやまつ毛やネイルサロン、パーソナルジム、ペットのトリミングなどを使い放題にできる6か月間で約79万円分のサブスクが無料や、

予約すら取りにくいとされる厳選された高級レストランが2名上の利用で1名分が無料などの

計90万円分の特典が付いています

これについても少し解説していきます。

それでは、ご興味のある方は読んでみてください。

セゾンプラチナビジネスアメックスがお得なポイントサイトを比較

まず、現在(2024年6月2日現在)、「セゾンプラチナビジネスアメックス」が一番お得に作れる主なポイントサイトについて比較して見ました。

※現在ポイントサイトに掲載はされていませんでした。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスのキャンペーンを解説

「セゾンプラチナビジネスアメックス」のキャンペーンについて、ご紹介していきたいと思います。

新規入会キャンペーン

「セゾンプラチナビジネスアメックス」は、通常年会費22000円(税込)であるところ、

現在、新規申込みをすると

初年度年会費無料

となっています。

2023年3月末までの期間限定のキャンペーンでしたが、人気のため現在延長されています。

いつ終わってしまうかは不明です。

セゾンプラチナビジネスアメックスのお得な作り方手順

「セゾンプラチナビジネスアメックス」を公式サイトからそのまま申し込みをすると、先ほど紹介した

年会費が初年度無料のみの特典しか付きません

さらにお得にカードをつくる方法として、既存会員からの「紹介プログラム」でカードを作る方法があります。

その追加の特典とは、入会翌々月末までに20万円分のカード利用をすると、

Amazonギフト券12000円分 

を獲得することです。

つまり、

  • Amazonギフト券:12000円分
  • 年会費:初年度無料(通常22000円

合計34000円分 お得に作ることができます。

 

しかも当ブログでは、紹介方法が2種類をご紹介しています。

その方法は次のとおりです。

  • 営業担当者経由での紹介
  • オンラインのみでの紹介

それぞれの特徴について簡単に触れておきます。

営業担当者経由での紹介

こちらのメリットは、

  • カード限度額の調整が必要な方
  • ちょっと審査が心配という方

にとっては都合がつく申し込み方となります。

営業担当者という人が中間に入ることで、色々な配慮をしていただけることが可能です。

デメリットとしては、書類申し込みとなりますので、カードが手元に届くまで2~3週間ほどかかるのでご承知おきください。

こちらの申し込み方法は、下にある申し込みボタンをクリックしていただき、「セゾンプラチナビジネスアメックス営業担当者希望」と記入していきしていただきお申込みください。

営業担当者をご紹介

セゾンプラチナビジネスアメックスを申し込む

※無料相談受付中

申し込みした後、セゾンの営業担当者からの連絡あります。

新規入会の手続は、書類での手続きとなるので、営業担当者と必要事項について連絡を取り合ってください。

オンラインのみでの紹介

こちらのメリットは、とても簡単に申し込みをすることができ、またカードが手元の届くまでが早いです。

お急ぎの方は、下にあるURLをクリックしていただき、そのままお申し込みするでけです。

お気軽にご利用ください。

紹介用URLをご紹介

セゾンプラチナビジネスアメックスを申し込む

※無料相談受付中

セゾンプラチナビジネスアメックスの基本情報

通常 セゾンマイルクラブ加入時 備考
年会費 22000円(税込)(初年度無料) 22000円+5500円=27500円 1500万円以上のカード利用でマイレージクラブ費は無料
還元率 0.5%(1000円⇒1p=5円相当) 1.125% JALマイル1%、永久不滅ポイント0.25%⇒JALマイル0.125%
1%(海外利用)
貯まるポイント 永久不滅ポイント JALマイル/永久不滅ポイント

年会費は、通常22000円(税込)ですが、初年度は無料として持つことができます。

還元率は通常0.5%で永久不滅ポイントが貯まっていきます。

正直このままだと全然良くないです!

ですが、「セゾンマイレージクラブ」に入会などの方法を重ねて

合計最大1.45%の還元率でJALマイルが貯まっていくことができます。

なかなか貯まりにくいJALマイルを超高還元率で貯めていくことができる優れもののカードとなります。

JALマイルを貯めたい人にとっては欠かすことのできない良いカードだと思います。

それでは、還元率について解説していきたいと思います。

還元率1.125%にする方法

通常還元率0.5%であるこのカードを、ショッピング利用でお得にマイルを貯めていくことができるようになるのが

セゾンマイルクラブ」への入会です。

この「セゾンマイルクラブ」に参加するには登録することが必要で、

登録年会費は、5500円(税込) となっていています。

ですが、これに参加をするとJALマイルの最大還元率が1.125% となります。

つまり、カードの年会費とセゾンマイルクラブ費とを合わせて

22000+5500=27500円 が必要となります。

そもそもJALマイルが貯まるカードで還元率が1%を超えるカードは、なかなかありません。

それを年間27500円で持てるカードは他には中々ないので、非常に貴重なカードとなります

「セゾンプラチナビジネスアメックスカード」の利用で貯まるポイントは、

  • 永久不滅ポイント
  • JALマイル

の2種類です。

それぞれのポイントの還元率について解説していきたいと思います。

「JALマイル」について

自動で「JALマイル」が貯まっていくポイントの場合は、

1000円利用⇒10JALマイル

つまり、マイル還元率1% として自動的にマイルとして移行して貯まっていきます。

年間の以降の上限は150000マイル(1500万円決済が上限)となっています。

「永久不滅ポイント」について

貯まった永久不滅ポイントは、交換の手続をとって初めてマイルにすることができます。

交換先マイルは、「JALマイル」と「ANAマイル」の2種類となっています。

お得に貯めていくことができるのは「JALマイル」です。

その場合、どのような還元率にとなるかを解説すると、

2000円利用⇒永久不滅ポイント1p で貯まり、

永久不滅ポイント1p⇒2.5JALマイル で交換出来ます。

つまり、マイル還元率0.125% として貯まっていきます。

ここでのまとめ

この「JALマイル」と「永久不滅ポイント」の2つを足した

合計1%+0.125%=1.125% 

が「セゾンマイルクラブ」に参加した場合のマイル還元率となります。

例えば、年間200万円(月平均約16万7千円)のカード利用をしたとすると、

22500マイル貯まることになります。

JALマイルの場合 200万円×1%=20000JALマイル
永久不滅P⇒JALマイルの場合 200万円×0.125%=2500JALマイル
合計 22500マイル

還元率1.15%にする方法

つぎに、還元率1.15%にアップさせる方法についてご紹介していきます。

「永久不滅ポイント」を「JALマイル」に交換する場合、通常交換率が50%となっていますが、

1年に数回20%アップするキャンペーンが開催されます。

つまり、交換率が60%となります。

例えば、先ほどの200万円決済では、

通常なら1000永久不滅ポイントが貯まり、

1000永久不滅ポイント⇒2500JALマイル

となるとことが、

1000永久不滅ポイント⇒3000JALマイル

として交換することができます。

つまり、永久不滅ポイントからJALマイルに交換する部分の還元率は、

3000JALマイル÷2000000円=0.15% となり、

合計1%+0.15%=1.15% とすることができます。

還元率1.45%にする方法

最後に、マイル還元率を最大1.45%にまでアップさせる方法を解説していきたいと思います。

どういった方法かというと「auPay」を併用する方法です。

その手順とは

  1. 「セゾンプラチナビジネスカード」でauPay残差にチャージする
  2. auPayプリペイドカード」か「auPay」で支払う

の2STEPで終了です。

STEP1のセゾンプラチナビジネスカードでauPay残差にチャージした際には、先程解説したとおりで最大1.15%のマイル還元率となります。

auPayプリペイドカードは、プリペイドカードですが、16桁の番号を持った3Dセキュア対応していることから、クレジットカードと同様の使い方ができるリアルカードですので、

auPayのような電子マネー系に対応していない場合に利用でき、その逆の状況の場合もどうようですので、両方を準備しておくととてもよいかと思います。

また、auPayへのチャージは月に5万円までが上限ですので、注意してください。

その後の支払いにおいても更にポイントの2重取りができるわけなんですが、

PontaポイントはJALマイルに交換することできるので、JALマイル還元率をさらにアップさせることが可能となります。

それでは詳細を解説していきます。

まず、Pontaポイントは、通常交換率50%でJALマイルに交換することができます。

例)100Pontaポイント⇒50JALマイル

つまり、auPay残差での支払いで還元率0.5%で獲得したPontaポイントは、

還元率0.5%×0.5=0.25% JALマイル還元率がアップします。

また、Pontaポイントでも年に数回交換時に交換率が20%アップするキャンペーンが開催されます。

交換率が50%⇒60%にアップします。

つまり、還元率0.5%×0.6=0.3% 還元率がアップすることになります。

ここまでののマイル還元率を合計すると

1.15%+0.3%=最大1.45% のJALマイル還元率とすることができます。

まさに驚異的な還元率とすることができます。

JALマイルが貯まるカードの比較

ここで、比較して見るのは、「JALマイル」が貯まるで有名な

  • セゾンプラチナビジネスアメックス
  • JALJCBプラチナカード
  • マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

の3枚のカードです。

比較の結果は、下の表のようになります。

カードの種類 内 容
年会費:27500円(マイレージクラブ代含) 
還元率:1.125%
年会費:34000円
還元率:1%
年会費:49500円
還元率:1.25%

例えば、「セゾンプラチナビジネスアメックス」で年間200万円のカード利用をした場合、

先程解説した通り、22500JALマイル 獲得できます。

本家の「JALJCBプラチナカード」で200万円利用しても20000JALマイルしか貯まりませんが、

同じ200万円を利用して、「セゾンプラチナビジネスアメックス」の方が2500JALマイルも多く貯まることになります。

「JALカードJCBプラチナ」で2500JALマイルを貯めようとすると、更に25万円のカード利用が必要となってきます。

「セゾンビジネスプラチナカード」の方が年会費を約7000円安く持つことができ、しかも25万円の余計な出費をしなくて済みます。

また、「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」の場合、25000JALマイルに交換でき、「セゾンプラチナビジネスアメックス」よりも2500マイル多く貯めることができますが、

マリオットカードの年会費が49500円で、「セゾンプラチナビジネスアメックス」の年会費27500円との差22000円も高くなっています。

コチラの差も大きいのではないかと思います。

還元率・年会費のバランスを考えると、JALマイルを貯めるなら「セゾンプラチナビジネスアメックス」が1番のおすすめカードだと思います。

プライオリティパス

また、このプラチナカードには、「プライオリティ・パス」が付いています。

「プライオリティ・パス」とは、全世界の空港にある1300か所以上の空港ラウンジが、

無料~少額で利用することが可能となるパスのことです。

 

特に、海外空港のプライオリティパスで利用できるラウンジは、ANAラウンジ・JALのさくらラウンジやカードラウンジよりも豪華で、

食事や飲み物(アルコール含む)が食べ放題・飲み放題だったりするので、ゆっくりくつろぎながら飛行機を待つ時間を過ごすことができます。

トランジットの旅行などをする場合は、特に重宝することになります。

この「プライオリティ・パス」には、

  • 「スタンダード」
  • 「スタンダード・プラス」
  • 「プレステージ」

の3つのグレードが有ります。

それぞれの内容について、まとめると以下の表のとおりです。

スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 $99 $299 $469
会 員 $35/1回 10回無料(それ以降$35/1回) 何回でも無料
同伴者 1名毎に4400円(税込)/1回

そして、このカードで持つことができる「プライオリティ・パス」は、

最上位の「プレスレージ」となっています。

このパスを持つだけで、429米$分の年会費が無料とすることができます。

つまり、469米$=70350円(1米$=150円)分を無料で持てるので、年会費の22000円は、この点で見ても相当お得になります。

また、通常のプレステージの同伴者の利用料金は35米$/1人なんですが、

「セゾンプラチナビジネスアメックス」の場合は、日本円の4400円(税込)/1人で支払うこととなっています。

円安となっている今となっては、約1000円程お安くなっています。

※カードが手元に届いたらコチラから、パスの発行をお申し込みできます。

また、空港によってはラウンジではなく、レストランを無料で利用できるサービスを提供してくれるサービスも数少ないですがあります。

例えば、

  • 成田国際空港第3ターミナルの制限区域外(一般エリア)、
  • 名古屋国際空港第1ターミナルの制限区域外(一般エリア)、
  • 関西国際空港の国内線制限アリア内

の「ぼてじゅう」で3400円分の食事が無料となります。

越えた差額が超えた分を支払えばOKです。

本家アメックスブランドのカードでは「ぼてじゅう」の利用はできないとなっていますが、

この「セゾンプラチナビジネスアメックスカード」のプライオリティパスは、あくまでセゾンカードですので利用することが可能となっています。

コンシェルジュデスク

プラチナカードのコンシェルジュデスクが本領発揮してくれるのは、特に海外旅行に出かけた時です。

各カード会社のプラチナカードの顔とも言えるサービスですので、デスクのその対応の仕方でカードの信用を失ってしまいかねないため、非常に手厚くフォローしてくれます。

海外旅行先でのレストン探しからその予約や盗難に遭った時などの困りごとのときやビジネス上の仕事のフォロー関係など、

「旅行全般に関するご相談」「コンシェルジュ・サービスに関するご依頼」は、24時間(年中無休)で利用することができます。

ただし、2021年9月1日より「カードのご利用に関するお問い合わせ」の時間が、

9:00〜21:00(年中無休)に変更となりました。

招待日和

このカードには、ハワイやシンガポール、台湾などを含めた国内外の約240か所の厳選されたレストランを2名以上で利用した場合、

1名分のコース料理が無料となる特典「招待日和」が用意されています。

「招待日和」は、通常年会費33000円を支払って登録するものですが、それが無料となります。

では、どんなお店があるのか?

例えば、東京都内銀座・日本橋周辺を見てみると、以下のように表示されます。

この中から1番上に表示されているお店「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」を選んでみてみると、

下のように表示され、サービス料込の39000円が1名分無料となると案内されます。

招待日和の利用実例

場所は東京駅前の「KITTE」(=キッテ)内の5階です。

お店の名前は「すき焼き豚捨」さんです。

三重県伊勢市の「伊勢牛」をすき焼きで提供してくれます。

ディナーを2名で利用して、1名分の16500円が無料となっています。

かなり美味しい食事をいただきました。

enTree(オントレ)

国内の1流のホテルや旅館などを優待価格料金、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト などで利用することができるサービスです。

金額は高額なものが多いですが、10~40%くらいまで下がるものがあるので、よく調べてみるのもアリではないかと思います。

対象となるホテルの一覧は以下のとおりです。

この特典の確認ページはコチラ

Tablet Plus

「TabletーHotels」とは、あなたの知らない世界中の素晴らしいホテルを簡単に探し出すことができるサービスを提供してくれています。

特に会員登録しなくてもホテル探しをすることはできますが、年会費9900円を支払うことで

TabletPLUS」会員となり、

  • 朝食無料
  • 部屋のアップグレード無料
  • レイトチェックアウト無料
  • 空港送迎無料
  • スパ使用クレジット

などといったVIP特典を受けることができます。

この「TabletPLUS」への年会費9900円の登録が、永年無料となります。

登録出来るアメックスのページはコチラ

旅行障害保険

海外旅行中の事故について、カードの利用付帯で補償されています。

補償対象者は、カード会員本人のみです。

保険の詳細な規約は、こちら

補償名称 金額
海外旅行傷害保険の死亡・後遺障害保険 最高1億円
疾病・障害 300万円
賠償責任 5000万円(対人・対物)
携行品損害 10万円
出発・乗継遅延費用 3万円
帰宅手荷物紛失 10万円

何もないにこしたことはありませんが、風邪を引いた、発熱・出血したなど日本なら気軽に受診できる病院ですが、

海外での治療費は、とてつもなく高額な金額を請求されます。

あくまで個人的な考えですが、1人1000万円近くの補償は持っておきたいものです。

他の保険と併せ持つなどして準備は万全なものとしていきましょう!

星野リゾートをお得に利用

こちらの特典は、プラチナカード特典ではなく、セゾンカードの特典となっているんですが、知らない方も多くいると思うので、ご紹介したいと思います。

国内で人気なホテルグループの1つ「星野リゾート」ですが、「セゾンプラチナビジネスアメックス」を持っていると、こちらもお得に利用することができるんです。

星野リゾートグループにはいくつかブランドがあるようですが、利用できるブランドは主に

  • OМO(おも)
  • リゾナーレ
  • 界(かい)
  • BEB(ベブ)

の4つのブランドです。

特典の内容は、

  • 料金が45~10%OFF
  • 1泊朝食付

というものです。

宿泊料金は時期によってももちろん上下しますがが30%FFになっているものも珍しいものではないので、とても使い易いと思います。

そこで、「リゾナーレトマム」で2023年9月18日~23日の家族5人分の宿泊費を

カード優待価格と通常価格とを比較してみました。

まず、カードの優待価格の場合

つぎに、通常のネット価格の場合

つまり、121258-1063258

14888円

安く泊まれたことになります。

  • このカードの年会費11000円と
  • セゾンマイルクラブ年会費5500円

の合計16500円 を完全に元を取れているわけではありませんが、かなり適当に比較して見た日付でもこれだけお得にできているわけなので、

カードを持ってドンドン旅行に出かけたほうが良いのがわかると思います。

JALマイルで家族5人のハワイ旅行にお得に行く方法

つぎに、「JALマイル」で家族5人分の特典航空券が本当に取れ、お得かなのか?

または、ハワイ旅行にJALマイルがピッタリくるマイルであるのかを比較検証していきたいと思います。

では、まず、2023年12月18日(月)~24日(日)で検索してみました。

現金のみの場合の検索結果は、583010円(燃油サーチャージ込み)でした。

つぎにマイルで特典航空券を発券した場合は、

200000マイル+299920円

という検索結果でした。

5人分で279800円分のチケット代を200000マイルで支払ったことになっているというのは、やはりマイルはとてもお得なものであることは分かります。

ですが、燃油サーチャージ代299920円は現金で払わないといけないので、お得度がどうしても半減してしまっています。

そこで、燃油サーチャージ代もできれば、無料にする方法をご紹介したいと思います。

ここで利用する方法は、「JMB提携航空会社特典航空券」です。

これは、JALが直接マイルプログラムを融通し合っている提携航空会社のことです。

つまり、「JALマイル」を使って提携航空会社の飛行機に乗れるというものです。

その提携会社の中で今回おススメの航空会社は

ハワイアン航空」です。

その理由は、必要マイル数が大きく変わらず、燃油サーチャージ代が必要ないという点からです。

必要マイル(往復) 燃油サーチャージ代
45000マイル/人 0円

空港利用料などの若干の費用はかかりますが、けんさくした結果一人6850円となります。

つまり、家族5人のハワイ旅行の飛行機代225000マイルあれば、現金の出費は34250円ということになります。

JAL便に乗るときよりも22500マイル高くなりますが、

燃油サーチャージ代が299920ー34250=265670円もお得になるので、

JALマイルでハワイアン航空を利用するのがオススメです

銀座のエステ6か月間無料特典

「セゾンプラチナビジネスアメックス」を持つと、プラチナ会員専用のアプリで様々な優待特典が紹介されています。

中でも現在(2023年5月9日現在)、とてもお得な「N2 THE Cycle」というサブスクがあります。

その内容は、東京の銀座エリアを中心にした

  • エステサロン、まつエクやネイルサロン、ヘアーサロン、小顔マッサージや
  • ゴルフスクール、パーソナルジム、
  • ペットのトリミングサービス

などを自由に利用できる物となっています。

通常価格が132000円/月となっているのが6か月間無料ということなので、

約79万円分が無料で利用することができます。

しかも、6か月間の無料体験だけ解約することもOKとなっています。

  • セゾンプラチナビジネスアメックスも初年度無料
  • このサブスクも最初の6か月間無料

80万円以上を無料で利用することができることになります。

私個人的には、ゴルフスクールに通ってみたいなと思っています。

セゾンプラチナビジネスアメックスがお得なポイントサイトのまとめ

いかがだったでしょうか?

セゾンプラチナビジネスアメックス」は、旅行に利用するなら申し分のないカードとなっていることが分かっていただけたのではないでしょうか?

このカードの特典について、ここで主ななものをおさらいをしてみると

  • マイル還元率:1.125%
  • プライオリティ・パス:無料(63315円分)
  • コンシェルジュデスク:24時間対応
  • 招待日和年会費:無料(33000円分)
  • TabletPLUS:永年無料(9900円分)
  • enTree(オントレ)(10~40%OFF)
  • 星野リゾート優待価格:最大35%OFF
  • 銀座エステ:6か月間無料(約79万円分

というもので、これだけでも、合計約90万円分 の特典が無料となっています。

そんなお得な「セゾンプラチナビジネスアメックス」をさらにお得にを作る方法は、

既存会員からの「紹介プログラム」でカードを作る方法です。

こんときの新規入会キャンペーン特典とは、

  • 年会費:初年度無料(通常22000円
  • Amazonギフト券:入会翌々月末までに20万円分のカード利用で12000円分

合計34000円分 お得に作ることができます。

 

しかも当ブログでは、紹介方法が2種類をご紹介しています。

その方法は次のとおりです。

  • 営業担当者経由での紹介
  • オンラインのみでの紹介

それぞれの特徴について簡単に触れておきます。

営業担当者経由での紹介

こちらのメリットは、

  • カード限度額の調整が必要な方
  • ちょっと審査が心配という方

にとっては都合がつく申し込み方となります。

営業担当者という人が中間にはいることで、いろいろな配所をしていただけることが可能です。

デメリットとしては、書類申し込みとなりますので、カードが手元に届くまで2~3週間ほどかかるのでご承知おきください。

こちらの申し込み方法は、下にある申し込みボタンをクリックしていただき、「セゾンプラチナビジネスアメックス営業担当者希望」と記入していきしていただきお申込みください。

営業担当者をご紹介

セゾンプラチナビジネスアメックスを申し込む

※無料相談受付中

申し込みした後、セゾンの営業担当者からの連絡あります。

新規入会の手続は、書類での手続きとなるので、営業担当者と必要事項について連絡を取り合ってください。

オンラインのみでの紹介

こちらのメリットは、とても簡単に申し込みをすることができ、またカードが手元の届くまでが早いです。

お急ぎの方は、下にあるURLをクリックしていただき、そのままお申し込みするだけです。

お気軽にご了ください。

紹介用URLをご紹介

セゾンプラチナビジネスアメックスを申し込む

※無料相談受付中

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

マイルの仮面

家族5人海外旅行を楽しむため、毎年30万マイル貯める方法について情報発信中! ※詳細はMENUの「私について」でどうぞ!

-クレジットカード, ポイントサイト

© 2024 マイルの仮面〜マイルで家族旅行に行く方法〜 Powered by AFFINGER5